研修会

■ 平成28年度 岩手県教育研究所連盟 研修会 ■
1 目的  次期学習指導要領改訂の柱の一つである「アクティブ・ラーニング」 による学習やその指導法について理解を図り、授業改善の視点について研修を深める。
2 講師 東京大学 教授 市川 伸一 氏
3 演題 アクティブ・ラーニングの実際「教えて考えさせる授業」
4 期日 平成28年9月20日(火)
5 会場 岩手県立生涯学習推進センター セミナーホール
6 参加者数 240名(うち教育センター所員を除く県教連所員19名)
7 内容 アクティブ・ラーニングが注目されるようになった背景について、これまでの経緯と、中教審論点整理や審議のまとめに触れて解説をいただき、 算数科「円の面積の問題」や理科「つり合って水平になったニンジンの問題」等の授業例をとおして「教えて考えさせる授業」の示唆いただきました。
 

研修会 会長挨拶

研修会

東京大学 教授
市川 伸一 氏
 
前のページへ 前のページへ 県教連トップページへ 県教連トップへ 次のページへ 次のページへ
水平線
All Rights Reserved, Copyright (C) 岩手県教育研究所連盟 2016